シンフリーサーバー
有料サービス級の高機能 完全無料レンタルサーバー

メニューを閉じる
メニューを閉じる

XPageSpeed設定について

「XPageSpeed」は、Google社により開発された拡張モジュール「PageSpeed Module」をもとに、エックスサーバーが開発したWebサイト最適化機能です。
「XPageSpeed設定」を有効にすると、ファイルを圧縮してデータ転送量を削減する、同種のファイルを一まとめにして無駄な通信を削減するなどの最適化処理を実施します。
この最適化処理により、Webサイトにアクセスしたブラウザはデータ転送量が減少し、また、ページのロード時間を短縮できるため、Webサイトの読み込み速度改善を期待することができます。

XPageSpeed処理イメージ

本機能を有効にすることで以下のような最適化処理が実施されます。

  • CSSファイル、JavaScriptファイルなどの圧縮
  • 最適な画像タイプへの変換、軽量化
  • 同種のファイル(画像、CSS、JavaScriptファイルなど)を一つにまとめ、サーバーとクライアント間の無駄な通信(リクエスト)を削減
  • CSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルのキャッシュ有効期間の延長
  • 小さなファイルサイズのCSSやJavaScriptをHTML内に埋め込む

など。

XPageSpeed設定は、下記の手順で変更することが可能です。

サーバーパネルへログインし、「XPageSpeed設定」メニューをクリックしてください。

「XPageSpeed設定」をクリック

設定を行う対象ドメインと、現在の設定をご確認の上、変更ボタンをクリックして「ON」にしてください。

変更ボタンを「ON」にする

設定状況が「ON」に変更されていれば、設定完了です。

設定完了

カテゴリーから探す
お申し込みについて
ドメイン
サーバー
サーバープログラム
インストール
WordPressテーマ
FTP
データベース
管理ツール
ユーザーフォーラム
広告表示なしでWordPress、
独自ドメイン、無料SSLにも対応
高機能の
レンタルサーバーが
無料で使える