「エックスフリー」は後継サービス「シン・クラウド for Free」のリリースに伴い、新規受付を終了しました。[ 関連ニュース ]

「エックスフリー」は「シン・クラウド for Free」のリリースに伴い、新規受付を終了しました。

「エックスフリー」は新規受付を終了しました。

シン・クラウド for Free
有料サービス級の高機能 完全無料レンタルサーバー

メニューを閉じる
メニューを閉じる

ドメイン設定

取得した独自ドメインをシン・クラウド for Freeでご利用になるには、サーバーパネルにてドメイン設定の追加が必要です。
ドメイン設定の追加と同時に、無料独自SSL設定も追加されます。

まだ、独自ドメインを取得していない場合

ドメイン取得サービス 「シン・ドメイン」よりドメインを取得することができます。

サーバーパネルへログインし、「ドメイン設定」をクリックしてください。

サーバーパネル・ドメイン設定のスクリーンショット

「ドメインを追加」をクリックしてください。

ドメインを追加スクリーンショット

追加するドメイン名を入力し、「追加する」ボタンをクリックしてください。

ドメイン名入力画面のスクリーンショット

無料独自SSL・ブラウザキャッシュの設定が不要な場合は、それぞれチェックを外してください。

以上でドメイン設定の追加は完了です。

設定完了画面のスクリーンショット

サーバーアカウント内に追加設定したドメイン専用のフォルダを作成します。
詳細は、「ドメイン設定の追加時に作成されるフォルダについて」をご参照ください。

なお、ご利用サーバーにドメイン設定が反映されるまで数時間〜最大24時間程度かかる場合があります。

設定を追加する対象ドメインの運用状況により、無料独自SSLが利用できないことがあります。
この場合、ドメイン設定は追加完了したものの、無料独自SSL設定が追加できなかった旨のメッセージを表示します。

上記のような場合には、サーバーパネル内「SSL設定」にて、無料独自SSLの設定を追加することができます。
詳細は、マニュアル「無料独自SSL設定」をご参照ください。

シン・クラウド for Freeの仕様上、同一ドメインを複数のサーバーへ設定することができません。
この場合、ドメイン設定時に追加できない旨のメッセージを表示します。

ドメイン運用サーバーを変更する場合
よくある質問「異なるサーバーIDへドメイン運用サーバーを変更したいです。」でご案内の手順に沿って、ドメイン設定を追加してください。

ドメイン設定の追加を行うと、FTPサーバー上に初期フォルダが自動生成されます。
サイトデータは追加したドメインフォルダ内の「public_html」フォルダにアップロードしてください。

ドメイン設定の追加時に作成されるフォルダの一覧
対象ドメイン名/.spamassassin 迷惑メールフィルタ設定についてのファイルが保存されます。
対象ドメイン名/autoreply 自動応答設定についてのファイルが保存されます。
対象ドメイン名/htpasswd Basic認証のパスワード設定ファイルが保存されます。
対象ドメイン名/log アクセスログが保存されます。
対象ドメイン名/mail メールデータが保存されます。
対象ドメイン名/public_html サイトデータのアップロード先です。
対象ドメイン名/script cgiツールなどの各種スクリプトが保存されます。
対象ドメイン名/xserver_php php.ini設定のファイルが保存されます。

設定した各ドメインのネームサーバーや取得状況をチェックし、問題がある場合にはアイコンでエラー内容を表示します。

ドメイン設定の一覧画面に表示されるアイコンの一覧
反映待ち 設定反映処理中のドメイン名に表示されます。
未取得 ドメイン名が取得されていないか、有効期限切れなどにより利用できない状況になっているドメイン名に表示されます。
Aレコード相違 Aレコードが変更され、別のサーバーを参照しているドメイン名に表示されます。
NS相違 当サービス所定のネームサーバーとは異なるネームサーバーを利用しているドメイン名に表示されます。
期限切れ ドメイン名の失効により、ネームサーバーが強制的に変更されている場合があるドメイン名に表示されます。
カテゴリーから探す
お申し込みについて
ドメイン
サーバー
サーバープログラム
インストール
WordPressテーマ
FTP
データベース
管理ツール
ユーザーフォーラム
広告表示なしでWordPress、
独自ドメイン、無料SSLにも対応
高機能の
レンタルサーバーが
無料で使える