「エックスフリー」は後継サービス「シン・クラウド for Free」のリリースに伴い、新規受付を終了しました。[ 関連ニュース ]

「エックスフリー」は「シン・クラウド for Free」のリリースに伴い、新規受付を終了しました。

「エックスフリー」は新規受付を終了しました。

シン・クラウド for Free
有料サービス級の高機能 完全無料レンタルサーバー

メニューを閉じる
メニューを閉じる

SSHソフトの設定(Tera Term)

SSHアカウント情報
サーバー(ホスト名) サーバーID.cloudfree.jp(お客様の初期ドメイン)

※ホスト名(sv***.cloudfree.ne.jp)でも設定が可能です。

例:Shinsample.cloudfree.jp

ユーザー名 サーバーID
例:Shinsample
認証方式 公開鍵認証
※パスワード認証は利用できません。
接続ポート 10022
  • ※こちらの手順はSourceForge.JPにて公開されているバージョン4.75にて記載しています。
    http://ttssh2.sourceforge.jp/
  • ※文中の画像は、お使いのOSやバージョンにより文言等が一部異なる場合があります。

Tera Termを起動し、「setup」メニューから「SSH Authentication...」を選択します。

※Tera Term起動直後はNew connectionウィンドウが表示される場合があります。こちらのウィンドウが表示されましたら、「Cancel」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じてください。

Tera Term SSH Authenticationメニュー

TTSSH: Authentication Setupウィンドウが表示されますので、「Use RSA/DSA/ECDSA key to log in」を選択し、「Private key file:」ボタンをクリックします。
秘密鍵を選択するダイアログが表示されますので、「サーバー上で公開鍵認証用鍵ペアの生成を行う場合」の手順4にてダウンロードを行った(「サーバーID」.key)ファイル又は「公開鍵登録・更新」にて登録されました公開鍵に対応するお手元の秘密鍵を指定し、「OK」ボタンをクリックします。

TTSSH: Authentication Setup画面

「File」メニューから「New connection」をお選びいただき、「New connection」ウィンドウを開きます。
「New connection」ウィンドウにてHostにお客さまの初期ドメイン名、TCP port#に「10022」をご入力いただき、下記項目をお選びの上、「OK」ボタンをクリックします。

Tera Term New connection

SSH Authenticationウィンドウが表示されますので、「User name」にお客さまのサーバーID、「Passphrase」に選択した秘密鍵のパスフレーズを入力し、「Use RSA/DSA/ECDSA key to log in」が選択されている事を確認して「OK」ボタンをクリックします。

SSH Authentication

Tera Term VTのウィンドウにて下記のプロンプトが表示され接続完了です。

プロンプト表示

カテゴリーから探す
お申し込みについて
ドメイン
サーバー
サーバープログラム
インストール
FTP
データベース
管理ツール
ユーザーフォーラム
広告表示なしでWordPress、
独自ドメイン、無料SSLにも対応
高機能の
レンタルサーバーが
無料で使える