「エックスフリー」は後継サービス「シン・クラウド for Free」のリリースに伴い、新規受付を終了しました。[ 関連ニュース ]

「エックスフリー」は「シン・クラウド for Free」のリリースに伴い、新規受付を終了しました。

「エックスフリー」は新規受付を終了しました。

シン・クラウド for Free
有料サービス級の高機能 完全無料レンタルサーバー

メニューを閉じる
メニューを閉じる

Google Workspace(旧G Suite)をお使いの場合

まずはGoogle Workspaceへお申し込みいただき、ドメイン所有権の確認をしていただく必要があります。

Google Workspaceで「ドメイン所有権の確認」の手続きを取っていただき、ドメイン名で公開されたWEBサーバー上にGoogleの指定するhtmlファイルをアップロードするか、ドメインのDNS設定にGoogleの指定するTXT(テキスト)レコードを書き加える必要があります。

以下のように設定してください。

ホスト名 種別 内容 優先度
所有権確認を行うドメイン名 TXT google-site-verification=**********(※)  

「DNSレコード編集」メニューから「DNSレコード追加」をクリックしてお進みください。

独自ドメインでGmailを利用する場合、以下のようにDNSレコードを追加していきます。

Google Workspaceのご登録時期により、追加していただくレコードが異なります。
該当時期のレコードをご参照ください。

ホスト名には何も入力せず、空白としてください。

追加方法についての詳細はこちらをご参照ください。

■2023年4月以降にご登録の場合
ホスト名 種別 内容 優先度
空白(.ドメイン名) MX smtp.google.com 1
■2023年3月末までにご登録の場合
ホスト名 種別 内容 優先度
空白(.ドメイン名) MX aspmx.l.google.com 1
空白(.ドメイン名) MX alt1.aspmx.l.google.com 5
空白(.ドメイン名) MX alt2.aspmx.l.google.com 5
空白(.ドメイン名) MX alt3.aspmx.l.google.com 10
空白(.ドメイン名) MX alt4.aspmx.l.google.com 10

続けて、ドメイン設定を追加した時点で自動的に作成される以下のMXレコードを削除します。

ホスト名 種別 内容 優先度
ドメイン名 MX ドメイン名 0
DNSレコード一覧のスクリーンショット

以下の通りに、使用したいアプリケーションを各ホスト名に設定します。
優先度は空白で問題ありません。

ホスト名 種別 内容 優先度
mail CNAME ghs.google.com  
calendar CNAME ghs.google.com  
docs CNAME ghs.google.com  

それぞれレコードが追加されていることを「DNSレコードの一覧」にてご確認ください。

カテゴリーから探す
お申し込みについて
ドメイン
サーバー
サーバープログラム
インストール
FTP
データベース
管理ツール
ユーザーフォーラム
広告表示なしでWordPress、
独自ドメイン、無料SSLにも対応
高機能の
レンタルサーバーが
無料で使える